『ダーククリスタル』Netflixシリーズの新予告編公開。人形ならではのリアリティと映像美

8月までは映画で復習しておこう

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年05月31日, 午後 01:00 in AV
0シェア
FacebookTwitter
Netflix
1982年に公開されたファンタジー映画『ダーククリスタル』の前日譚となるNetflixシリーズ『ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス』が、初の本編映像を使用した予告編を公開しました。明らかに現代の映像でありながら、パペットを使ったキャラクターの動きのそこかしこにオリジナル作のマジックが息づいているように見えます。映像は物語の舞台となる惑星トラの自然を忠実に描き、ジム・ヘンソンとフランク・オズが作り上げたあの独特の雰囲気を見事に再現しています。

全10話で構成される『ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス』では、地球の猛禽類のような風貌のスケクシス族が「真実のクリスタル」の持つ力で世界の至るところに病を広げ、権力を握っています。

予告編映像ではその世界観をしばらく紹介したのち、主人公となる3人のゲルフリン族のうちのひとり、Deetは「この世界すべてが危険にさらされている。闇が訪れれば全てがはかいされてしまう」と言う声を聞き、やがて目にする未来を垣間見る描写が続きます。

そしてスケクシス族がこの世界に現れた当時を知る賢者にして魔術師のオウグラが登場。象徴的な太陽系儀の傍らに横たわり「私たちの行く手にはいくつもの終わりが見える。そのいくつかは良い結末だが、残りのほとんどは酷い」と予言します。そして断片的な冒険の映像ののち、スケクシス族のひとりが「誰にも言ってはならない」となにやら大きな秘密の存在を暗示しています。


『ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス』の配信開始まではまだ3か月ほどあるものの、新作からの映像は人形ならではの動きのリアリティと、その世界を描くVFXの見事な組み合わせで、オリジナル作のイメージを強く引き継ぎつつアップデートすることに成功しているようです。ファンならば、そしておそらく初めてダーククリスタルの世界に触れる人も、この予告編を見て期待せずにはいられないはずです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: art, AV, dark crystal, dark crystal age of resistance, darkcrystal, darkcrystalageofresistance, entertainment, jim henson, jim henson company, jimhenson, jimhensoncompany, netflix, streaming, the dark crystal, thedarkcrystal, TheDarkCrystalAgeofResistance
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents