Apple Watch専用App Storeが登場、ボイスメモやサイクル計測も #WWDC19

watchOSがより柔軟に

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年06月4日, 午前 02:42 in apple
0シェア
Apple Watch
アップルはWWDC2019にてApple Watch専用のApp Storeを発表しました。これまでのApple WatchではiPhoneで購入したアプリのApple Watch版が動作する仕組みでしたが、watchOSの新バージョンではApple Watchアプリが独立して動作するようになり、ストア内からの購入に対応します。

純正アプリでは オーディオブック、ボイスメモ、チップ計算機能付きの計算機などアプリが追加。

Apple Watch

開発者向けには新たなAPIが提供され、オーディオストリーミングなどを利用したアプリが実装できるようになります。

フィットネス機能では周囲の環境ノイズレベルを計測する「ノイズ」アプリが実装されたほか、自転車でのアクティビティ計測が可能になります。

このほか、ウォッチフェイスはよりなめらかな動作が可能となり、新たなデザインが追加されます。

Apple WatchApple WatchApple WatchApple WatchApple Watch

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: apple, Apple Watch, watchOS, wwdc2019
0シェア