Engadget
Appleの開発者向け会議WWDC19で発表された次期メジャーバージョン「iOS 13」。「マップ」アプリのアップデートも紹介されました。

Engadget
今回のアップデートに伴い、Appleは全米中を車両でドライブしたり、飛行機で空撮して各地の詳細な情報を取得したそうです。お気に入り機能も追加され、リストも作成可能で、それらをシェアして旅行の計画なども立てられます。

デモでは「ルックアラウンド」という新機能を紹介。「googleストリートビュー」のような機能で、三次元のHD画像で町並みを確認できます。iPhoneを横向きにすることで、ピンチ操作で移動も可能。気になる店舗の店名をタップすると詳細も表示できます。


WWDC19のデモでは、サンフランシスコの町並みが紹介されましたがルックアラウンドの日本対応も気になるところ。googleストリートビューとの使い勝手の違いを比べてみたいですね。