engadget
アップルの開発者会議WWDC 2019より。アップルがiPhone、iPad、iPod touch向けの新OS、iOS 13ではダークモードをサポートすることを発表しました。カレンダー、iMessage、マップ、Apple Musicまでプリインストールアプリはひととおりダークモードをサポートし、漆黒の画面で操作が可能になります。ダークモードのサポートは細部におよび、絵文字や通知画面、キーボードなどもブラックの背景に完全にマッチするようになっており、Apple Musicアプリでは歌詞表示もブラックの背景画面できれいに同期表示されます。デモでは、刷新されたリマインダーアプリがメッセージの会話から自動でタスクを検出するといった新機能も紹介されました。