iPad専用の新OS「iPadOS」が正式発表。「同じアプリを2つ並べる」が可能に #WWDC19

ウィジェットをホーム画面に表示可能

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年06月4日, 午前 03:41 in apple
0シェア
FacebookTwitter
iPadOS
アップルの開発者向け会議WWDC19にて、「iPadOS」が正式発表されました。イベント直前に現れた謎の文字列が、iPhone用のiOSとは独立したiPad専用のOSであると正式に確認されたことになります。iPadOS
お披露目されたiPadOSは、iPhoneよりも広いディスプレイを活かしたアイコンおよびドック、それに従来は別枠だったウィジェット類がホーム画面上に共存していることが確認できます。

iPadOS
これまでもiPhoneになくてiPadだけにあった独自の要素と言えば、複数のアプリを同時に扱えるマルチタスクであり、それらを同一画面上に表示できるSplit Viewです。もちろんiPadOSでも、この要素は健在となっています。

iOS 12.xではそれぞれ異なるアプリである必要がありましたが、新生iPadOSでは「同じアプリ」を同時表示可能に。デモではNotesアプリをサイドバイサイドで並べ、画像などのドラッグアンドドロップが実演されていました。

iPadOS

たとえば2つの同じWebブラウザを並べて情報を比較したり、あるいは2つのWord文書を行き来してテキスト編集も効率アップが期待できそう。これらは「PCやMacではすでにできたこと」ではありますが、iPhoneではできないことに重きを置いたiPadOSの独自性がデビューで示されたかっこうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ipad, ipados, wwdc19
0シェア
FacebookTwitter