iPad
アップルの開発者会議WWDC19において、衝撃的なデビューを飾ったiPadOS。そこでは言及がなかったものの、イベント終了後に配信された開発者向けベータ版のなかで、ついに「iPadにUSBマウス入力」がサポートされたことが報じられています。iOSの開発者Steve-Troughton Smith氏は、アクセシビリティ(障がいのある方々もデバイスを使いやすくする補助機能)内のAsssitive Touchとして、USBマウスが使用可能になっていると報告しています。
iPad初のマウスカーソルは、ジョイスティックなど他のAssitive Touch入力と同様に円形で、指のタッチをシミュレートしているかたちです。

現時点では、iPadのLightningまたはUSB-Cポートに接続されたUSBマウスが使用でき、アップルのMagic Trackpadも含まれています。Bluetoothマウスまでサポートされるかどうかは明らかではありませんが、少なくともポインティングデバイス設定にはBluetooth機器の項目が設けられているようです。

標準の「ファイル」アプリにもローカルストレージ機能が追加され、SDカードほか外付けストレージ管理やZip/UnZip対応など、ますますデスクトップPCに操作性が近づいたiPad。アップルいわく「市場の92%のノートPCよりも速い」とされたiPad Pro(2018)のポテンシャルも、ようやく十分に活用できそうです。