tag9to5Mac

ここ最近、アップルが開発中とされる忘れもの防止タグ。その開発状況が伺えるいくつかの情報がiOS 13ベータ版から発見されたとの続報が伝えられています。

そもそもこの話は、iOSの「友達を探す」と「iPhoneを探す」を統合したアプリを通じ、自社製品のみならず、あらゆるアイテムを追跡できるよう計画に基づくもの。そのためにコードネーム「B389」という忘れもの防止タグを新ハードウェア製品として開発に取り組んでいると噂されていました。米アップル関連情報サイト9to5Macによると、開発者向けiOS 13ベータからは製品タイプ"Tag1,1"とされたデバイス用のアセットパッケージ(アプリで使用できる部品のセット)が含まれていると判明。このパッケージはAirPodsと同じようにiPhoneに近づけることでペアリングするために使用されるとのことです。

もう1つの手がかりは、アセット内に発見されたデバイスの外観らしきデータ(画像を参照)。まだOSには組み込まれずテストに使用されたモックアップと思われますが、9to5Macによれば開発に関わっている人々から説明されたデバイスの描写と一致しているそうです。

合わせて同誌は、今回と従来の情報から、本製品は忘れものトラッカー「Tile」のように、どのアイテムにも付けられるタグになる。このタグはAirPodsのようにiPhoneに近づけるとペアリングされると同時にiCloudアカウントに紐付けられ、ユーザーが離れすぎたときに通知して忘れものを防ぐことができる――といった以前の噂を再確認しています。

このアップル純正・忘れもの防止タグがいつ公式発表されるか、記事執筆時点では明らかではありません。が、2019年の新型iPhoneが発表される(おそらく9月)のイベントに彩りを添えるように、同時にお披露目される可能性もありそうです。