Android Qベータ4配信が開始。目立つ新機能はなし、一部端末では起動繰り返す不具合が

Essential Phoneには配信されていました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年06月6日, 午後 06:30 in android
0シェア
FacebookTwitter
Android Q Beta4Googleは6月5日(現地時間)、Androidの次期バージョンとなるAndroid Q(Android 10)のベータ4を公開しました。

リリーススケージュールは当初の予定通りに進んでおり、今後、最終リリース候補のベータ5とベータ6が配信され、第3四半期(例年通りなら8月)に正式公開の予定です。
Android Q Beta

肝心のベータ4での変更点ですが、APIが最終版(APIレベル29)になったほか、API 29のSDK、Android Studio用のビルドツールがリリースされるなど、内部的な調整がメイン。ベータ3から、ユーザーに目に見える形の変更はあまりないようです。それだけ仕様が固まってきたということなのでしょう。


なお、公式には対象端末として挙げられてはいませんが、Pixel 3a / 3a XLもベータ4のインストールが可能なようです。

現状で判明している注意点としては、Pixel 2 XLとPixel 3の一部において、ベータ4をインストール後にいわゆるブートループ(起動処理を繰り返す状態)に陥る不具合が発生しているとのこと。ファクトリーリセットを行えば復帰するようですが、端末が初期化されてしまうので、アップデート前にバックアップを取っておいたほうが良さそうです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android q, androidq, beta, developer, google, mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents