Anker、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター「Nebula Capsule II」

旅行に連れてくと便利な1台

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年06月6日, 午後 02:26 in Android TV
0シェア
Nebula Capsule II
Ankerは、Android TV 9.0搭載のモバイルプロジェクター「Nebula Capsule II」を発売します。本日6月7日より予約販売を開始し、近日中に出荷を開始します。価格は5万9800円です。

モバイルプロジェクターでAndroid TV 9.0を搭載した製品は、同社いわく世界初とのこと。付属リモコンにはGoogle アシスタントボタンを用意し、音声操作にも対応します。

Nebula Capsule II

形状は従来製品の「Nebula Capsule」と同様に缶ジュースのような丸みを持たせていますが、Nebula Capsuleよりも一回り大きな150×80×80mmになっています。重さは約740gです。

Nebula Capsule II▲左がNebula Capsule II、右は従来製品のNebula Capsule

Android TVを搭載しているため、単体でWi-Fiに接続し、各種のビデオ配信サービスを視聴したり、ゲームをプレイしたりできます。さらにHDMIポートを1つ備え、ゲーム機やスマートフォン、パソコンなど外部機器を接続して映し出すこともできます。8Wの内蔵スピーカーを活用し、映像を投影せずにBluetoothスピーカーとして使うモードも搭載。このほか、USB A端子にUSBメモリなどを接続して、メモリ内の音楽などを再生する機能があります。

輝度は200ANSIルーメン、解像度は1280×720ドット。電池持ちは"映画1本分が視聴できるくらい"という、動画再生で約3時間です。Bluetoothスピーカーとして使用する場合、約10時間の電池持ちとなります。

Anker
Anker
Anker
Nebula Capsule II
Nebula Capsule II

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Android TV, Anker, MobileProjector, Nebula, Nebula Capsule II
0シェア

Sponsored Contents