Ankerバッテリーでエンスト時の再始動を。Roavのジャンプスターターに8lガソリン車対応大容量機

車のエンストやスマホのバッテリ切れの際に活躍しそう

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年06月7日, 午前 07:00 in anker
0シェア
ジャンプスターター
Anker Japanは、カー用品ブランドのRoavの新製品「Roav ジャンプスターター Pro 1000A」を今夏発売します。

車がエンストしたときに、本機から車へ給電することでエンジンを再駆動できるジャンプスターター。現行モデルに比べては容量が12800mAhへと拡大し、ジャンプスタート可能なガソリン車も排気量8000cc(8リットル)までと、出力も向上したのが大きな特徴です(現行モデルでは6000cc、つまり6リットルまで)。旧モデルで対応していたコンパス機能は省かれていますが、LEDライトは暗い場所でも作業できるように、引き続き搭載されています。

また本体には、スマホやタブレットなどを充電できるUSBポートを2つ搭載し、モバイルバッテリーとしても使用できます。USBポートは、同社独自の急速充電技術「PowerIQ 2.0」対応で、2ポートの最大出力は合計で3.5Aとなります。

本体サイズは約65×65×28.5mmで、重量は約575gです。価格は9999円を予定しています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: accessory, anker, car, charger, charging, Gadgets, MobileBattery, Roav
0シェア

Sponsored Contents