iTunes
Microsoft

先日の開発者会議WWDC19にて新macOS「Catalina」が発表されたさい、iTunesアプリが廃止されて「Music」「Podcast」「TV」の3アプリに分割されることが明らかとなりました。が、その一方ではWindows版iTunesの今後について、公式な言及はありませんでした。

この件に関して、アップルが「Windows版iTunesは何の変更もなく存続する」と回答したことが報じられています。海外テックメディアのArsTechnicaに対して、アップルは「マイクロソフトのWindowsでiTunesを使用しているユーザーには何の変更もない」と答えたとのこと。新macOSのように複数のアプリに分割される事態もなく、今までと同じように動作すると述べられています。

しかし、将来macOSのMusicなど各アプリに新機能が追加されたときに、それらがWindows版iTunesでもサポートされるかどうかは明らかにされていません。アップルは「Windowsユーザーは以前と同じ体験を維持できるし、Windows版iTunesのサポートを終了する計画は発表されていない」と簡潔に語るのみで、それ以上の情報は現時点では不明です。

ほか、iTunesなき後のユーザーのライブラリやアップル製品の同期についても興味深いコメントが述べられています。

まずiTunesのライブラリおよびファイルは、新アプリのMusicに完全にインポートされるとのこと。これにはiTunesで購入した音楽だけでなく、CDやMP3など他のソースから追加した分も含まれます。

さらに、iTunesストアで購入した以外のファイルがiCloudに保存される機能も引き続き機能すると述べられています。現在Apple Musicに登録している場合は、iTunesライブラリ全体をiCloudにアップロードして全デバイスに同期できますが、この要素が新macOSに移行後も廃止されずに健在ということです。

また、今後もiPhoneやiPad、iPodとMacの同期機能はFinderアプリで行えるというWWDC19での発表も再確認されています。これらのアップル機器を接続すると、外付けドライブやUSBメモリと同様に、Finderのサイドバーに表示されるとのことです。

今年秋に新macOSが公式リリースされた後も、Windows版iTunesは存続し、過去のiTunesライブラリも引き継がれ、MacとiPodなどの同期(バックアップ)機能も形を変えながらも使えると約束されたかっこうです。今後の展開は不明ですが、少なくとも急いでデバイスを買い換えたり、音楽ライブラリを整理する必要はなさそうです。