Eloi_Omella via Getty Images
ネット配車サービスUberのドローンタクシー部門Uber Elevateが、ニューヨーク・マンハッタン南端部とジョン・F・ケネディ国際空港を結ぶヘリコプター輸送事業「Uber Copter」を、7月9日より開始します。

利用者はUberアプリからオンデマンドまたは最大5日前から予約を入れることが可能で、自動車なら通常1時間は必要となる空港からの移動に対し、飛行時間わずか8分で到着できるとのこと。ただしこのサービスは、まずはUberユーザーのグレード制度における"Platinum"と"Diamond"(上位2階級)メンバーに限定して提供されます。運賃は時価となり、平均価格は200~225ドル(およそ2万2000~2万4000円前後)/人を予定。運行は午後のラッシュアワーに合わせた時間帯で月~金の週5日。搭乗人数はパイロット2名+最大5人となっています。使用するヘリコプターには貨物スペースがないため、機内持ち込みは大小ひとつずつのバッグ、40ポンド(約18kg)未満に制限されます。

実際のところ、JFK空港とマンハッタンを行き来するヘリコプターサービスはUberが初めてというわけではありません。Blade Urban Air Mobilityと呼ばれるベンチャー企業は、この3月にマンハッタンから近隣の3空港へのヘリ輸送サービス「Blade Airport」を週6日間、片道195ドル/人で提供し始めました。

なお、Uberが提出した試験飛行の書類によれば、4月11日に2グループからなる乗客がマンハッタンとJFK空港を問題なく往復したとのこと。また運行内容には、乗客は「Hello, welcome to Uber Copter」と迎え入れられると記されています。