ISSが民間利用に開放へ・元NY市長、脱・石炭火力に5億ドル・身代金ウィルス被害1か月の街: #egjp 週末版168

宇宙から環境、セキュリティまで幅広くピックアップ

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年06月8日, 午後 06:20 in Weekend
0シェア
FacebookTwitter
engadget
直近で拾いきれなかったニュースをダイジェスト形式でお届けします。今回は「NASAがISS民間利用開放へ」「元NY市長が石炭火力からの移行に5億ドル」「ランサムウェア被害が1か月続く街」などの話題をお届けします。

国際宇宙ステーションが商業利用に開放へ民間飛行士受け入れも

NASA
NASAが、国際宇宙ステーション(ISS)の利用を一般企業のビジネス用途に開放することを検討中だと発表しました。民間の宇宙飛行士を受け入れ、低軌道の微重力空間での商品開発や試験、製造などを可能とします。

民間飛行士はISSに最長30日間の滞在が可能となり、NASAはこの措置が「宇宙探査市場の促進拡大につながる」と述べており、商業利用の提案を求めるとともにNASDAQに対してISS利用の予備的な価格を提示しました。

NASAは長年ISSの商業利用の可能性を検討していましたが、近年SpaceXやボーイングら民間企業が商業宇宙飛行を確立してきたことが、今回の発表を可能にしたと言えそうです。

Razerが軽量安価なゲーミングヘッドセットを発売。価格6800円

Razer
Razerが、オーバーヘッド型ゲーミングヘッドセットの新製品Kraken Xを発売しました。 FPSゲームなどに不可欠な7.1chサラウンド(Windows 10 64bitのみ)に対応しつつ、価格は6800円に抑えられています。

プレイに集中する遮音性を得るために低反発素材を使ったイヤークッションを採用、サイズ調節可能なヘッドバンド、メガネの邪魔にならないアイウェアチャネルを備え、位置調整できる単指向性マイクを備えています。

Windows 10 64bitの7.1chサラウンドに対応するKraken Xと、PS4やXbox One、ニンテンドースイッチなど4極端子を採用するゲーム機向けのKraken X for Consoreの2機種を用意。すでにRazerのウェブサイトでは販売を開始しており、価格はいずれも6800円です。

元NY市長、石炭火力から天然ガス火力への移行に5億ドル(約540億円)を投入へ

Alexandros Maragos via Getty Images
元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグが、米国内にある241か所すべての石炭火力発電所を閉鎖または天然ガス火力へ転換させるべく、5億ドル、約540億円を投じる約束をしたと、New York Timesが報じました。資金は石炭火力削減をめざすBeyond Coalイニシアチブに託され、今後30年にわたり各州、自治体でのロビー活動などに使われるとのこと。

ブルームバーグ氏は声明にて石炭火力の気候変動への影響を否定する政府に関し「われわれは気候変動と時間をかけて戦っているが、少なくとも2年間はこの問題に対して政府の協力は望めない」と述べ、「大自然はわれわれの政治が変わるのを待ってくれません。私たちも待てません」としました。

資金は風力、太陽光発電の再生可能エネルギーの促進にも充てられ、クリーンエネルギー推進派の地元議員を選出にも活用されるとのこと。

再生可能エネルギーが成長する一方で、2018年には化石燃料の消費量もわずかに増加しました。ただしそれは石油のほうであり、石炭ではありません。また、国連は気候変動が予想より悪化しており、早ければ2040年にも大規模な危機がやってくる可能性を指摘しています。

米大統領が石炭に固執し、政権が再生可能エネルギーへの支援を縮小しようとする現在、米国の環境保護は民間の資金に頼らざるを得ない状況です。

ランサムウェア被害が1か月続くボルチモアの街Tony Deluca II / EyeEm via Getty Images

1か月ほど前の5月7日に、メリーランド州ボルチモア市のコンピューター多数が"RobbinHood"と呼ばれるランサムウェア(身代金ウィルス)に感染し、市の電子メールをはじめいくつかの公共サービス、病院、医薬品工場、空港、およびATMが停止する事態となりました。市はマルウェアの拡散を阻止する措置をすぐにとったものの、カスペルスキーによると最終的に1万台ものコンピューターが使用不能になったとのこと。

マルウェアによるコンピューターのロックを解除するには13ビットコインが必要とのこと。ビットコイン価格は大きく変動しているので一律にいくらとは言いづらいものの、だいたい8万~12万ドルほどの金額に相当します。

市は、コンピューターが発達する前の時代に戻ったかのような対応、たとえば電子的な支払いができなくなった水道料金や交通違反チケットは市民に伝票を発行して請求する格好で対応しています。ランサムウェアによる攻撃とその余波は、合計1000万ドルの損失になっているとされます。

市長は「ボルチモアはまだビジネスのために開かれている」と述べ、市の経済は回っていることをアピールしていますが、将来的に市のシステムを強化するためにさらに多額の出費が必要になるかもしれません。

Spotifyがオバマ元大統領夫妻とPodcast制作で独占契約

Obamas-Netflix
最近のSpotifyはPodcastのオリジナルコンテンツ制作に力を入れており、新たに話題となりそうなコンテンツ契約を獲得しました。この契約はオバマ元大統領夫妻が設立した制作会社Higher Ground Productionsとのもので、オバマ夫妻も登場するショーをSpotify独占で配信すべく製作します。

オバマ元大統領は「われわれは常に面白く考えさせられる会話の価値を信じてきた」と述べ、「Podcastは生産的な対話を促進し、人々を笑顔にし、考えさせ、さらにうまくいけば人々を結びつける貴重な機会になれるものです。これからのHigher Ground Audioの展開を楽しみにしています」と抱負を述べています。

Higher Groundは2018年4月にNetflixで最初のテレビ番組の配信を開始しました。Spotifyはそれに続くオバマ夫妻発信のコンテンツとなります。なお、アメリカの元大統領によるポッドキャスト番組としては、ビル・クリントン氏とその娘チェルシー・クリントン氏による『Why am I telling you this?』という番組がこの5月より開始しています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: av, Baltimore, barack obama, barackobama, beyond coal, business, climate change, coal, commercial, commercialization, cyberattack, design, economy, entertainment, gadgetry, gadgets, gaming, gear, global warming, green, headset, higher ground, higherground, international space station, internet, iss, KrakenX, lightweight, lobbying, local government, manufacturing, michael bloomberg, michelle obama, michelleobama, nasa, nasdaq, obamas, orbit, personal computing, personalcomputing, podcast, podcasting, politics, power, ransomware, Razer, renewable energy, space, spotify, state, surround sound, THX Spatial Audio, tomorrow, Weekend
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents