「FINAL FANTASY VII REMAKE」2020年3月3日に発売決定。最新トレーラーも公開

REMAKEから色々と妄想できそう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年06月10日, 午後 02:00 in gaming
0シェア
FacebookTwitter
FF
株式会社スクウェア・エニックスは、「FINAL FANTASY VII」」をフルリメイクした「FINAL FANTASY VII REMAKE」を2020年3月3日(火)に発売することを発表しました。対応機種はPS4で、北米・欧州・日本・アジア(中国本土を除く)にて同時発売とのことです。
「FINAL FANTASY VII」は、1997年に初代PlayStationで発売された名作RPG。プリレンダリングムービーをふんだんに使うとともにフィールドおよび戦闘表現も従来より飛躍的に向上し、発売初週に202万本を売り上げる大ヒットを記録。それ以降のゲームのありかたに絶大な影響を与える一方で、セガサターンと初代PSの次世代(当時)ゲーム機戦争に決着を付けたとの声もあります。

フルリメイク版ではコマンドバトルと直感的アクションが融合することで戦略性が高くなり、20年前には不可能だったグラフィック技術によりFFVIIの世界をリアルに再現していると謳われています。


発表に合わせて公開された最新トレーラーでは、フルリメイクされたCGキャラクターが日本語吹き替えでドラマや戦闘を繰り広げる様を収録。さすがに今の目では人形に見える原作のクラウドらも美麗で躍動感あるモデリングに生まれ変わり、コマンドバトルのあいまに激しいアクションをするシーンは3D格闘「エアガイツ」(クラウドやティファも参戦)のブラッシュアップという趣さえあります。

FF

ところで、数あるリメイク版の中でもタイトルに「REMAKE」と入れられたゲームは、かつてなかったか稀だったはず。なぜ挿入されたのか現時点では不明ですが、おそらく今年3月という近い時期にNintendo Switch用として原作忠実移植の「FINAL FANTASY VII」が発売されており、それと差別化を図ったのではないかと推測されます。

とはいえ、リリースでは"時を経て「新たな物語」として生まれ変わります"との記述もあり。ことさらに「新たな」という辺りに、特定キャラクターの生存ルート追加を憶測できる楽しみがあるかもしれません。

FF

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: FinalFantasy, GameConsole, gaming, ps4, square-enix, SquareEnix
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents