iOS 12.3.2公式リリース。iPhone 8 Plus専用、カメラアプリのバグを修正

大きな変更はiOS 13待ち

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年06月11日, 午後 12:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
8plus
アップルは6月10日(米現地時間)、iOS 12.3.2を正式リリースしました。今回のアップデートは一部のiPhone 8 Plusで発生していたバグを修正するもので、その他のモデルには関係のない内容となっています。

6/11訂正:記事初出時、iOSのバージョン番号を「12.3.3」と表記していましたが、正しくは「12.3.2」です。お詫びして訂正いたします。アップルの公式リリースによれば「iOS 12.3.2では、一部のiPhone 8 Plusデバイスの"カメラ"でポートレートモードの写真を撮るときに被写界深度エフェクトが適用されない場合がある問題が解決されます」とのこと。それ以外の修正には言及されていません。

iPhone 8 Plusユーザーは、[一般]>[情報]>[ソフトウェアアップデート]からiOS 12.3.2へのアップデートが適用できます。本バージョンはiPhone 8 Plus専用のため、他のiOSデバイスについてはiOS 12.3.1が最新バージョンとなります(上記のアップデートは配信されません)。

前回のiOS 12.3.1は5月25日にリリースされ、メッセージアプリの不具合修正などを含むマイナーアップデートとされていました

アップルは次期メジャーバージョンiOS 13のベータテストも実施中で、macOS Catalinaの開発者向けベータ版についても何度か情報が伝えられています。大きな変更や追加機能は、この秋にリリース予定のそれらを待つことになりそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, BugFixes, camera, ios12, iphone8plus, portrait, update
0シェア
FacebookTwitter