新しいiCloud for Windows公開。OneDriveのファイルオンデマンド機能導入で容量節約

Windows 10とMacユーザーの共同作業が捗りそう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年06月12日, 午前 11:20 in Services
0シェア
iCloud
Microsoft

アップルとマイクロソフトは6月11日(米現地時間)、Windows 10用iCloudアプリ「iCloud for Windows」の最新バージョンをMicrosoft Storeにてリリースしたことを発表しました。本アプリは従来のiCloud for Windowと同じく、iCloud上のファイルおよびサービスにアクセス可能。写真やビデオ、メール、連絡先、カレンダー、リマインダー、SafariのブックマークおよびiCloud上のファイルを、Windows 10 PC上で同期できます。

最新のiCloud for Windowsアプリは、OneDrive用のファイルオンデマンド機能を支えるマイクロソフトの技術を導入しているとのこと。ファイルオンデマンドとはクラウドストレージに置かれたファイルを必要になったときに取得し、ローカルストレージの圧迫を防ぐ機能を意味しています。
iCloud
これにより、次のことが可能になったとされています。
  • PCの空き容量を圧迫せず(ダウンロードすることなく)、ファイルエクスプローラからiCloud Driveファイルに直接アクセス
  • iCloud上のファイルやフォルダを選択してローカルストレージに保存
  • iCloudドライブに全てのファイルを安全に保管し、iOSデバイス、Mac、およびiCloud.comからアクセス
  • ファイルエクスプローラーからiCloud上の任意のファイルを共有し、他の人と簡単に共同作業できる。編集内容はデバイス間で同期される

つまり「Windows 10 PC上でiCloud上のファイルをローカルストレージを圧迫せずに使えるようになり、iCloudを介した共同作業もアップル製品と同等になった」ということです。

家と仕事場とでWindows 10 PCとMacを使い分けているユーザーの生産性が向上したり、異なるOS環境を持つ相手との仕事が捗りそうです。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: apple, CloudStorage, icloud, icloud drive, icloud.com, Internet, microsoft, MicrosoftStore, onedrive, Services
0シェア