Sponsored Content

12の次はいきなり19? HTCがミドル級スマホU19eとDesire 19+を台湾向けに発表

一気にモデルナンバーがジャンプ

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年06月13日, 午後 07:00 in smartphone
0シェア
HTC U19e Desire 19+
台湾HTCが、ミッドレンジ市場向けスマートフォンとして「HTC U19e」「HTC Desire 19+」の2機種を台湾向けに発表しました。上位モデルとなるU19e(上の画像)は、6インチ/FHD+解像度(2160×1080)/アスペクト比18:9の有機ELディスプレイを搭載。このディスプレイはHDR10にも対応しています。プロセッサはSnapdragon 710でRAMは6GB、内蔵ストレージは128GB。フロントカメラは2400万画素、背面カメラは1200万画素+2000万画素のデュアル仕様といったところです。

バッテリー容量は3930mAhで、QuickCharge 4.0による高速充電に対応。外部端子はUSB Type-Cで、OSにはAndroid 9.0 Pieが採用されています。本体カラーとしては、エクストラオーディナリー・パープルとモデスト・グリーンの2色が用意されます。

HTC U19e Desire 19+

そしてDesire 19+では、6.2インチ/HD+解像度(1520 × 720)ディスプレイを搭載。こちらのフロントカメラでは(上の写真では見えにくいですが)水滴型ノッチデザインが採用されています。

プロセッサはMediaTek Helio P35でRAMは6GB、内蔵ストレージは128GB。フロントカメラは1600万画素で、背面カメラはメイン1300万画素+ワイド800万画素+500万画素深度センサーのトリプル仕様です。

バッテリー容量は3850mAhですが、急速充電技術には対応せず。背面には指紋認証センサーが搭載されています。OSはU19eと同じく、Android 9.0 Pieです。本体カラーはスター・カン・ブルーとジャスミン・ホワイトの2バリエーションです。

U19eのドル建て価格は約475ドル(約5万1000円)から、Desire 19+の価格は316ドル(約3万4000円)からとなり、まず台湾市場に投入されることになります。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, cellphones, htc, smartphone, smartphones
0シェア

Sponsored Contents