SanDiskが「1TBのmicroSD」を日本で8月に発売、約10万円

"おそらく"日本初

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年06月14日, 午後 03:45 in microSD
0シェア
FacebookTwitter
1TBのmicroSD
SanDisk(サンディスク)は公式Twitterアカウントにて、1TBのmicroSDXCカード「サンディスクエクストリーム microSDカード 1TB」を8月に発売すると明らかにしました。また、同シリーズの512GB版は6月21日に発売されます。オープン価格ですが、Sandiskによると1TB版は10万円前後、512GB版は5万円前後となる見込みです。


製品仕様は他の「サンディスクエクストリーム」シリーズに準じ、読込速度が最大90MB/秒、書込速度は70MB/秒。SDスピードクラス10(10MB/秒以上で読み書き可能)、UHSスピードクラス3(デジカメなどで30MB/秒以上で読み書き可能)、ビデオスピードクラスV30(4K映像が書き込み可能)、アプリケーションパフォーマンスクラス A2(スマホアプリの起動に適合)と、8K映像の書き込みでもしない限りは余裕を持って使えるパフォーマンスを備えています。

同製品は2月に開催された展示会「MWC 2018」に出品されていたもので、米国では5月より店頭販売されていることが米TechCrunchにより確認されています。

関連:1TBのmicroSDカード、米国で店頭に(TechCrunch)

1TBのmicroSDについては、Sandisk以外の大手メーカーの製品投入のアナウンスがないため、おそらく本製品が日本初の1TBのmicroSDとなるものと思われます。SanDisk自身も「日本での発売は業界で初めてと認識している」とコメントしています。

なお、一部の通販サイトで「1TB microSD」と検索すると、1024GBと表記されたmicroSDカードがヒットします。microSDカードでは容量偽装された製品が流通しており、1万円以下で販売されているこれらの製品では表記上の容量が実際に使えない可能性もあります。購入を判断される際にはご注意ください。

【追記 2019/06/14 17:19】
製品価格についてメーカー回答を追記しました。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microSD, microSDXC, sandisk, smartophone, storage
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents