mbp
Apple

アップルは6月20日、MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)に搭載されているバッテリーが過熱して安全面のリスクをもたらす恐れがあるとして、限られた数のこれに該当するユニットの自主回収および交換プログラムを発表しました。この自主回収の対象となるのは、上記のMacBook Proのみ。それ以外の15インチMacBook Proやその他のMacノートブックは含まれません。

対象となる製品の確認方法は、Macが稼働している状態で、画面の左上にあるアップルメニュー()から「このMacについて」を選択。そこで表示されたダイアログに「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」の表記があれば、次にシリアル番号をこちらのリンク先ページにて入力。するとバッテリー交換の対象ユニットであるか否かを確認できます。

バッテリーを無償交換する手続きについては、こちらを参照のこと。アップル正規サービスプロバイダかApple Store直営店、それにアップル公式サポートを介した3つの方法が提供されています。

バッテリーの過熱は思わぬ事故や、防火安全上の問題に繋がりかねないもの。早急にお手元のMacBook Proがプログラムの対象になっていないか確認し、速やかに手続きすることをお勧めします。