Alexaのアナウンス機能が日本でも利用可能に。「ご飯できたよ」の一斉送信ができます

各部屋にAlexaを置く意味ができました

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年06月21日, 午後 05:00 in services
0シェア
FacebookTwitter
Alexa
Alexaに「ご飯できたよー!」と呼びかけると、他のAlexa搭載デバイスから一斉に音声が流れるアナウンス機能。これまで日本では利用できませんでしたが、ついにその機能が解禁となりました。

アナウンス機能は、EchoやEcho Show、またはスマートフォンなどから「Alexa、アナウンスして」と呼びかけると、同じAmazonアカウントでログインしているAlexa搭載デバイスからメッセージが流れるというもの。

他の部屋にいる家族に対して、キッチンから「ご飯できたよ」と呼びかけたり、リビングから「映画始まったよ」とメッセージを流せたりするわけです。また、外出先からスマートフォンを使って「これから帰るよ」などのメッセージを伝えることもできます。

ただ、赤ちゃんが寝ている部屋など、アナウンスを流したくない場所もあるでしょう。そういった場合は、アナウンスを流さない設定も可能です。また、デバイスでおやすみモードが有効になっている場合にも、アナウンスは流れません。

ちなみにメッセージはチャイムの後に流れますが、基本的には話した声(Alexaに指示した声)がそのまま流れます。ただし、スマートフォンアプリからテキスト入力した場合には、Alexaの音声で再生されます。

アナウンス機能は、Echoシリーズのほか、Alexaを搭載したスマートスピーカーなどでも利用可能。ただしモバイルアプリでは、アナウンスの送信はできますが、受信には対応していません。

なお、同様の機能はGoogle Homeにも搭載されており、こちらはすでに日本でも利用できます。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: alexa, alexa announcements, amazon, announcements, av, gear, home, intercom, internet, services, smart home, voice assistant
0シェア
FacebookTwitter