新型16インチMacBook Proは9月に登場?解像度は3072×1920ドットとのうわさ

新MacBook Air登場のうわさも

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年06月24日, 午前 11:45 in apple
0シェア
FacebookTwitter
mbp
アップルが開発中と噂されている新型16インチMacBook Proが、今年秋に発売との予測が報じられています。噂の出処は、市場調査会社IHS Markitのコンシューマーエレクトロニクス担当副社長Jeff Lin氏が海外メディアForbesに宛てた電子メールから。本メールでは、Lin氏は新型16インチMacBook Proに言及して「想定外の開発上の問題がない限り、アップルは9月19日に発売すると予測します」と述べています。

本文書は新型MacBook Proの詳細なスペックにも触れており、「新たなディスプレイサイズ(16インチ)、新たなmacOS(Catalina)とCPU」と説明。下記が引用されている仕様の一覧となっています。
mbpIHS Markit

ディスプレイの解像度は3072×1920ドット、ただし一部で噂のあったOLEDではなくLCDとのこと。アップル関連のインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏も、ミニLEDバックライトモジュール採用としつつLCDとの見通しを述べていました。

Lin氏の情報には続きがあり、9月には13.3インチMacBook ProとRetina MacBook AirもmacOS Catalinaと新CPUを搭載したアップグレード版が登場すると予測しています。今年5月には8コアCore i9採用のハイエンドモデルが発売されたばかりですが、今年秋はエントリーモデルでも買い換えの季節が訪れるのかもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, AppleRumor, catalina, MacbookAir, MacbookPro, macOS Catalina
0シェア
FacebookTwitter