4K動画対応のRaspberry Pi 4発売。4コア1.5GHzプロセッサ搭載、USB 3.0、RAM1GB~4GB

Desktop Kitも出ました

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年06月24日, 午後 06:30 in personal computing
0シェア
FacebookTwitter
Raspberry Pi Foundation
Raspberry Pi Foundationが、新しいシングルボードコンピューター、Raspberry Pi 4を発売しました。Raspberry Pi 3の発売から3年半という長い期間を経ての最新版は、4コア1.5GHzのBroadcom製BCM2711(Cortex-A72 64-bit)SoCを搭載、OpenGL ES 3.0、HEVC/H.265デコード機能やマイクロHDMIポートx2を搭載、4K/60fpsの動画再生機能を備えます。今回のアップデートにともない、Raspberry Pi Foundationはエントリークラスのx86プロセッサー搭載PCにも競合するに十分な処理速度を備えると主張します。

入出力はUSB 2.0x2およびUSB 3.0x2、1GbE、802.11ac WiFi、Bluetooth 5.0などを備えます。RAM容量は1GB / 2GB / 4GBから選択可能。当然ながら容量によって価格が異なり、最も安価な1GBモデルで35ドル(約3800円)、2GBは45ドル(約4800円)、4GBは55ドル(約5900円)となっています。

もし、ARM版Windowsなどハードウェア要件の厳しいOSを動かしたい場合は、少しでもRAMは大きく撮っておく方が無難でしょう。

Raspberry Pi Foundation


なお、Raspberry Pi FoundationはRaspberry Pi 4で完全なデスクトップコンピューター化するためのオールインワンキットも併せて発表しました。こちらは4GBのRaspberry Pi 4に、専用ケースと電源、32GBのマイクロSDカード、HDMIケーブルx2、USBマウス、そしてUSBキーボードをセットにしており、120ドル(約1万3000円)で販売されるとのこと。なお、ディスプレイは別途用意する必要があります。

※訂正:初出時、見出しのプロセッサー周波数を1.6GHzとしていましたが、本文にあるとおり正しくは1.5GHzです。お詫びして訂正いたします。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: computer, diy, do it yourself, doityourself, gadgetry, gadgets, gear, homebrew, pc, personal computing, personalcomputing, raspberry pi, raspberry pi 4, raspberry pi 4 model b, video
0シェア
FacebookTwitter