Twitch、購読者限定の配信機能「Subscriber Stream」ベータ提供開始

有料視聴者向け特典で支持拡大が見込めるかも

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年06月27日, 午前 06:50 in Services
0シェア
FacebookTwitter
MARTIN BUREAU/AFP/Getty Images

ゲームなどのライブ配信プラットフォームTwitchが、購読者限定でライブ配信する「Subscriber Stream」機能のベータ提供を開始しました。この機能による配信はチャンネル購読者だけが視聴でき、未購読者は短時間のプレビューでその内容を確認し、購読するかどうかを決めることができます。
Twitch Primeなど任意の有料プラン登録をしている視聴者は、自身が購読しているチャンネルのSubscriber Streamにアクセスできます。また購読していないチャンネルの場合はプレビュー表示が示され、その場で購読することも可能です。

配信者はファンに対して専用の映像、特別なゲーム配信など企画を懲らすことで購読者を増やし、また支持を強固にしていくことができます。ただ、"有料の壁"に隠れてしまえば何でもありの自由な配信ができると思うのはまちがいで、Subscriber Streamを使う配信者には「Twitch AffiliateまたはTwitch Partnerで、なおかつ過去90日の間Twitch Community Guidelinesに違反していないこと」が条件として適用されます。

配信者はこれまでも購読者専用のチャットを用意したり、購読を促す特典を用意する努力をしてきました。Subscriber Streamは完全な新機能とはいえないかもしれないものの、新たな購読者を獲得しやすくするにの役立つものと言えそうです。

一方でTwitchにとってみれば、この新機能によって配信者を増やす効果も見込めるかもしれません。そして視聴者にはSubscriber Streamsの購読を決める前にプレビューによって内容を吟味できるため、いろいろなSubscriber Streamをプレビューして回り、納得いく配信を決められるメリットがあると考えられます。

Subscriber Streamは現在ベータ版での提供であり、正式版として全ユーザーに開放されるのがいつになるかはアナウンスされていません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, beta, gaming, gear, internet, LiveStreaming, services, subscriber streams, twitch
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents