LINE Pay・メルペイ連合にNTTドコモが参画、『Pay大戦』に新展開

LINE Pay、merpay、d払いで読み取れるQRコードを展開

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年06月27日, 午後 03:49 in cashless
0シェア
FacebookTwitter
LINE
NTTドコモはLINEとメルペイ(merpay)が立ち上げた団体「Mobile Payment Platform(MoPA)」への参画を発表しました。

MoPAは、QRコード決済の事業者連合で、LINEとメルペイが3月に「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」発表した組織です。参画事業者は1つのQRコードですべての参画事業者のQRコードでの決済を可能にするものです。加盟店の開拓でも協力し、QR決済の対応店舗の拡大を目指します。

LINE
なお、協力はあくまで加盟店開拓とQRコードの共通利用についてのみで、ユーザー(消費者)から見た決済サービスとしてはそれぞれ独自で展開する形になります。

NTTドコモはQR決済サービス「d払い」を展開。政府主導の共通QRコードへに参画したり、中間決済事業者による決済システムの展開を表明するなど、他社と連携して加盟店を拡大する方針を示しています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cashless, LINE Pay, merpay, NTTdocomo, payment
0シェア
FacebookTwitter