Chromium版Edgeにトラッキング防止機能、Canarryチャンネルで利用可能

実験フラグを有効化する必要があります

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年06月28日, 午後 05:00 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Microsoft Edge
Microsoftが、ChromiumベースのEdgeブラウザ向けトラッキング防止機能の実験的プレビューをリリースしました。

Chromium版EdgeブラウザのWindows版Canaryチャンネルリリース(バージョン77.0.203.0以降)で、実験フラグ(アドレスバーにedge://flags#edge-tracking-prevention)を有効にして再起動すると利用できます。なお、macOS版は次のアップデートで利用可能になるとのこと。

トラッキング防止機能は、5月に行われた開発者会議Build 2019で発表していたもの。Firefoxでも6月初めに公開された最新版で機能が追加されました。


WEBサイトでは、ユーザーの行動を追跡したり、ターゲティング広告などのため、さまざなトラッカー(クッキーやスクリプトなど)が使われています。トラッキング防止機能は、文字通りこれらのトラッキングを防止するもので、Basic、Balanced、Strictの3段階が用意されています。

Microsoft Edge

Basicは悪意のあるトラッカーのみをブロック。BalancedはプライバシーとWEBの利便性とでバランスを取ったもので、一部のサードパーティ製トラッカーもブロックします。Strictはもっとも厳しく、サードパーティ製トラッカーの大部分をブロックするようになります。

なお、アドレスバー横のページ情報をクリックすると、ブロックされているトラッカーの数を確認可能です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: chromium, Edge, gear, internet, microsoft, personal computing, personalcomputing, privacy, tracking, tracking protection
0シェア
FacebookTwitter