mapsiOS版およびAndroid版の「Googleマップ」がアップデートされ、交通機関の利用を便利にする2つの新機能が追加されました。6月27日(米現地時間)にリリースされ、世界中の200近くの都市で利用可能となっています。新機能の1つは、バスや電車、地下鉄の混み具合を予測してくれること。これは過去の混雑状況に基づいたもので、いま満員電車を覚悟して交通機関を利用するか、それとも空いてる席が多い時間までずらして出発するかを決める目安となりそうです。
maps
もう1つは、現地の交通機関からリアルタイムの情報が提供されていない場所でも、バスの遅れに関してライブで警告を発してくれる機能です。バスがどのぐらい遅れているのか、遅れはどのぐらい続くのかがわかり、実際の交通状況に基づいて正確な移動時間も確認可能。またマップ上のどこで遅れが生じているのかも視認できます。
maps
後者の機能は、機械学習の成果によるもの。今回の実現に至るまでの技術開発の詳細は、こちらで確認できます