「ハリポタ:魔法同盟」の重要な要素、「痕跡」と「ファウンダブル」を解説

日本配信前に予習しよう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年06月28日, 午後 03:30 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
harry potter6月21日に世界配信され、日本でも配信間近とされているハリポタGOこと「ハリー・ポッター:魔法同盟」。ゲームプレイの重要な要素である「痕跡」とは何かを中心に、簡単に紹介したいと思います。

海外リージョンでダウンロードしたアプリをもとに執筆した記事なので、日本で正式配信されるバージョンとは仕様が異なる可能性があるので予めご了承ください。

Harry Potter▲チュートリアルの一部。右画面の足元にあるのが魔法の痕跡です


そもそもゲームの目的ですが、Google Playの概説では、下記のように説明されています。

魔法界で発生した大災厄によって、ファウンダブルと呼ばれる、魔法界の道具、魔法生物、魔法界の人々、そして記憶までもが、マグル界に奇妙な形で出現してしまいました。機密保持法特別部隊の新メンバーとして、世界中の魔法使いたちと力を合わせ、この大災厄の謎を解き明かし、魔法をマグルの目から遠ざけましょう

このファウンダブルを見つけて回収するのがプレイヤーの主な任務(ゲームの目的)となります。そして、ファウンダブルの目印となるのが、マップ上に表示される魔法の痕跡です。

スタートガイドによると、痕跡は、魔法に捕らわれたファウンダブルを示しており、コンファウンダブルというものに捕らわれています。コンファウンダブルを除去することで、ファウンダブルを取り戻せるというわけです。

Harry Potter▲巣のバリアのコンファウンダブルに捕らわれたハグリッドを発見。呪文(画面をなぞって発動)を使ってコンファウンダブルを除去します

コンファウンダブルを除去すると、ファウンダブルを回収でき、回収したファウンダブルは登録簿で確認できます。ちなみに回収に失敗すると、コンファウンダブルとファウンダブルとともに移動して消えてしまうそうです。

Harry Potter▲回収に成功したファウンダブルは登録簿で確認できます

色々な専門用語が出てきて若干分かりにくいのですが、ポケモンGOに例えると、マップ上に現れるポケモン(痕跡)をタップして、モンスターボール(呪文)やアイテムを使ってポケモンを捕獲(ファウンダブルを回収)。捕獲したポケモンは図鑑で見れる(登録簿で確認)といった感じです。

コンファウンダブルの除去のために呪文を使うと、呪文エネルギーが減少します。それを補給できるのが宿屋です。宿屋は魔法使いのために無料で食料を提供してくれ、それによって呪文エネルギーが回復します。

宿屋は「公共の芸術関連施設や人々がよく集まる場所、ユニークな建造物」で見つかるとのこと。ようするに宿屋がポケストップで、食料(呪文エネルギー)がモンスターボールといったイメージでしょう。
Harry Potter
▲宿屋。屋根の色によって提供される食料が違い、回復量が異なるとのこと

もちろん、ゲームの目的はこれだけではなく、リアルタイムマルチプレーヤーバトルや魔法使いチャレンジも用意されています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: game, harry potter, harrypotter, mobile, niantic, wizardsunite
0シェア
FacebookTwitter