ビル一棟まるごとYouTuber向けに設計されたスタジオ「YouTube Space Tokyo」が渋谷に20年オープン

六本木からお引越し

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年06月28日, 午後 06:00 in creator
0シェア
FacebookTwitter
EngadgetYouTubeのクリエイターの創作活動を支援するスタジオ「YouTube Space Tokyo」の新施設が2020年のオリンピック前に渋谷駅付近に竣工します。全5フロアから構成され、ビル一棟すべてが撮影する為にデザイン。総面積は約1768.94平方メートルを予定しています。再生ボタンをアクセントに、日本の木造家屋のような温かみを感じる外観が目を引きますね。渋谷の新たなランドマークになるかもしれません。

「YouTube Space」とは、YouTubeで活動するYouTuberやミュージシャンの為に運営されている撮影スタジオ。チャンネル登録者数が1万人以上またはYouTube非営利プログラムに登録済みでチャンネル登録者数が1000人を超えているチャンネルが対象です。撮影スタジオやグリーンスクリーン、レコーディングスタジオ、編集ルームなどを無料で利用できます。YouTubeCreatorsサイトから利用を申し込めます。

Engadget

YouTube Spaceは世界に10ヵ所あり、六本木にある現在のYouTube Space Tokyoは2013年2月15日にオープンしました。どういった雰囲気の施設なのかを写真で軽く紹介します。

Engadget
▲「ザ・スタジオ」というスペース以外にも、ドラマやコントの撮影ができそうなセットも用意されています


▲人気YouTuber「はじめしゃちょー」によるコンビニセットで撮影した動画

Engadget▲合成映像などが撮影できるグリーンスクリーンのスタジオ


Engadget
▲4K映像の編集ルームも利用可能です

Engadget
▲借用できる4Kビデオカメラや一眼カメラ、三脚など。YouTube Spaceのスタッフがカメラ設定などの相談にのってくれます

Engadget▲広いイベントスペースもあり、動画撮影以外でもイベントも開催できます。創作だけでなくオフラインでのコミュニティ形成を支援する役割もあるそうです

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: creator, video, youtube, youtubespeace
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents