fastshare
簡単にファイル共有できるAndroid BeamがAndroid Qでは廃止される見通しですが、それに代わる新機能「Fast Share」が導入される見込みだと報じられています。この「Fast Share」はiOSやmacOSでのAirDropに似た機能で、ファイルや短いテキストを近くのデバイスにインターネット接続なしで(Bluetoothや無線LANを経由して)共有できるもの。米Google関連情報サイト9to5Googleによると、セットアップの手順はとても簡単で、本体のデバイス名を入力して「電源を入れる(Turn On)」をタップするだけとのことです。

本機能を使用すると、近くにある対応機器のリストが下に表示。そこから送信先を選ぶと、受信側では「(送信元の)デバイス名」や「接続ID」などの詳細情報が表示され、「承諾」ないし「拒否」を選択。転送が完了したら、すぐにファイルを開くことができます。
share
よくやり取りする相手は「優先表示」に設定しておくことも可能。自分が近くにいればFast Shareを使用していない時でも、相手側のデバイスに表示されるようになるわけです。

サンプル画面では送信先としてChromeBookやiPhone、Wear OSのスマートウォッチが表示されており、これらのデバイスでもFast Shareが利用できる可能性があると示唆されています。ただし、実際に使用する場合は専用アプリが必要になると推測されます。

現時点ではGoogle製品のPixel 3 XLとAndroid Qの組み合わせで有効になったと伝えられていますが、Fast ShareはGoogle Play開発者サービス(OSとは別に更新される)の機能のため、それ以前のAndroid OSでも動く可能性があるとのことです。

Android Beamは「NFC搭載Android端末の背面を合わせる」必要がありましたが、Fast Shareはそれよりも手軽に使えそうな機能です。オフィスの同僚や友達との簡単なやりとりが、いっそう便利になるかもしれません。