「プルーム・テック・プラス」はとても転がりやすい。専用リングを買うべきです

そもそもの形状が問題だと思いますが

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年06月30日, 午後 05:00 in Ploom TECH Plus
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
編集部にあったサンプルを何気なく口に咥えた「プルーム・テック・プラス」(Ploom TECH+)。無印モデルの「プルーム・テック」(Ploom TECH)と比較してリキッドや充電方法がアップデートされ、まるで別物のデバイスでした。紙巻きたばこと併用していましたが、次第に紙巻きのにおいが気になるようになり、遂に「プルーム・テック・プラス」に完全移行したのです。



しかし、プルーム・テック・プラスは完全なデバイスとは言えません。大きなマイナスポイントはステンレス製で突起がない円柱形状。そのせいで、机に置くとコロコロと転がります。何度も落としてしまったせいで、最初に使っていた端末は傷だらけになってしまいました。どうしたものかと思って、見つけたのがこれです。

Engadget
▲左は「プルーム・テック・プラス プレミアムリング」1400円(税込)、右は「プルーム・テック・プラス スタンダードリング」900円(税込)

プルーム・テック・プラスに装着することで転がりを防止してくれる専用のリングです。メタリック素材と樹脂素材、2種類のリングが販売されています。

Engadget
▲「リラックス・ワインレッド」の端末と「ピンクゴールド」のプレミアムリングの組み合わせ。アイアンマンみたいな色合いがお気に入りです

さっそく装着してみました。確かに机に置いても転がりません。さらに、リングが引っかかりになって持ちやすさが格段に向上しています。そもそも転がりやすい形状が問題なのかもしれませんが......。プルーム・テック・プラスユーザーならば、購入を検討してもいいアクセサリーだと思います。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cigarette, cigarettes, JT, Ploom TECH, Ploom TECH Plus, PloomTECH, PloomTECHPLUS, tobacco
0シェア
FacebookTwitter