ベータチャンネルのChrome OS 76に仮想デスクトップ機能。最大4枚の仮想デスクを切り替え可能に

キーボードショートカットも間もなく公開

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年07月1日, 午後 04:30 in personal computing
0シェア
FacebookTwitter
A visitor tries out a Pixel 3 smartphone in the Google Hardware Store in the Soho neighborhood of New York on its grand opening day, Thursday, October 18, 2018. The store displays a variety of products from Google such as Google Home appliances and the new Pixel 3 smartphones and provides experiential shopping for customers. (ÂPhoto by Richard B. Levine)
5月に行われた開発者会議Google I/Oで発表されていた、Chrome OSの仮想デスクトップ機能が、ベータチャンネルで配信されているChrome OS 76で利用可能となりました。

仮想デスクトップは、Windowsやmacなどにあるものと同じで、複数のワークスペース(デスク)を作成し、それを適宜切り替えることで画面を広く使えるというもの。

ただ、まだデフォルトでは無効になっており、利用するには「chrome://flags/#enable-virtual-desks」で有効化する必要があります。

有効化後は、タスク一覧の画面から、仮想デスクの作成、切り替えが可能。最大で4枚の仮想デスクを作成できます。

Chromebook virtual desks

なお、いまのところ切り替えには画面操作が必要ですが、ソースコードレベルでは、切り替えのためのショートカットも用意されているとのこと。ただ、残念ながらまだ利用はできません。ショートカットでは、ウィンドウを他の仮想デスクに移動することも可能になるようです。

Chromebookには、11インチ~13インチクラスで解像度が低いものも多いので、仮想デスクトップは待望の機能かもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: chromebook, ChromeOs, personal computing, personalcomputing, virtualdesktop
0シェア
FacebookTwitter