Android Message
GoogleはAndroidの標準アプリ「メッセージ」にRCSサービスを統合するなど、なにかと力を入れていますが、今度はInstagramやSnapchatのような、ARエフェクトの追加をテストしているようです。


開発者コミュニティXDA Developersが、実際に利用した様子を報告しており、それによると、メッセージでカメラを起動すると、飛行機の窓、風船、花火、紙吹雪、天使の輪、5つのAR効果が利用できたとのこと。単に画像を重ねているだけではなく、風船は人物の手前と背後、それぞれに表示されており、しっかりと被写体を認識していることがわかります。




なお、この機能はメッセージに組み込まれたカメラ機能でのみ利用でき、スタンドアロンのカメラアプリでは利用できなかったとのこと。また、撮影したアニメーションはMMSやRCSとして送信が行えるようです。

スマートフォンでのメッセージアプリといえば、WhatsAppやFacebook Messanger、LINEなどが主流になってきていますが、Googleとしては、RCS対応を含め、ARエフェクトなどで巻き返しを図りたい考えなのかもしれません。

Googleからの公式発表はなく、いつリリースされるのかは定かではありません。早期のリリースを期待したいところですが、日本ではRCSが別アプリになってしまっているので、使いどころがないかもしれません......。