Uberアプリで自転車やスクーターをより見つけやすく。米国の一部地域で展開開始

車から小型モビリティへ手を広げる気配

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Uber

米国時間7月1日より米国の一部地域にて、Uberアプリのトップ画面に電動自転車シェアリングのスタートアップ「JUMP」および「Lime」の自転車やスクーターが表示されるようになりました。

TechCrunchによると、今回の変更は、アトランタとサンディエゴから適用を開始するとのこと。Uberは今後、より多くの地域にて電動アシスト自転車や電動スクーターを追加するとしています。なお、今後の展開に関して、具体的な計画は明かされていません。

一方、Uberの新モビリティプラットフォーム部門を率いるBilly Guernier氏は、Engadgetに対して次のような声明を寄せています。

私達は新たなモビリティをUberのアプリの中心に据えました。アトランタとサンディエゴを皮切りに、Uberのアプリを開いている利用者はJUMPの自転車やスクーター、そしてLimeのスクーターをホームライド画面で見ることができ、以前より簡単に新しいモビリティのオプションを選ぶことができます。交通手段が身近であればあるほど、車なしでも簡単に移動できるようになります。


Uberは1年前にJUMPを買収し、今月にはJUMPのスクーターと自転車をアップグレードすると発表しました。さらに、UberはLimeとも提携しており、一部にはLimeを買収するのでは、というもあります。筆者も日常的にUberが提供するJUMPの電動アシスト自転車を利用していますが、気軽かつパワフルなJUMPの自転車は都市向け交通手段として、実に理にかなっている気がしています。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ElectricVehicle, jump, lime, sharing economy, transportation, uber
0シェア
FacebookTwitter