VRを使ったマッサージ施設がロサンゼルスにオープン

こういった施設が増えてくるのかも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年07月2日, 午後 01:30 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter
virtual reality massage
スタンドアロン型の手軽なVRヘッドセットも発売され、広く普及しつつあるVR。そのVR体験でしばしばイメージされるのが、仮想空間でのバケーションやリラクゼーションです。ただ、実際にはその体験ができるコンテンツは多くはありません。

そんな中、ロサンゼルスにVRを使ったマッサージ施設「Esqapes Immersive Relaxation Center」がオープンします。

ようするに、VRゴーグルを装着してマッサージチェアに座るというもの。どの程度のリラクゼーション効果が期待できるかは、コンテンツの出来次第な気はしますが、オープン時点ではトロピカルリゾートやアラニガーデン、サンセットビーチなど10のコンテンツが用意されています。

これくらいなら、マッサージチェアさえあれば家でもできるのではと思いますが、単にマッサージをするだけではなく、各シーンに応じた香りなども演出するようです。

VR Massage

なお、価格は30分で45ドル(約4900円)。マッサージチェアでのマッサージと考えると高いですが、VRを使ったアトラクションの1つと考えれば妥当な気もします。

日本では、2018年11月に行われた展示会で、健康機器を手掛けるフジ医療器が、マッサージチェアと連動し、VRで美少女キャラがマッサージしてくれるシステムを参考出品していました。リラックス環境と美少女キャラ、どちらがいいかは人それぞれかもしれませんが、今後こういった体験が出来る施設が増えてくるのかもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: entertainment, gadgetry, gadgets, gear, la, los angeles, losangeles, massage, virtual reality, virtualreality, vr, wellness
0シェア
FacebookTwitter