Alipay
日本ではQRコード決済がいろいろな意味で盛り上がっていますが、その先進国である中国では、決済がすでに次のステージに移っているようです。AliPay(支付宝)は7月2日、同社の顔認証決済システムに美顔フィルタを追加するとWeibo上で発表しました。

Alipayの顔認証決済は、スマートフォンのアプリで自分の顔を登録しておけば、店舗にある端末で顔認証を使って決済できるというもの。スマートフォンを取り出す必要もありません。

この顔認証決済、中国では広く普及し始めているようですが、男性に比べ女性への普及率が低かったとのこと。Sina Technology(新浪科技)の調査によると、回答者の60%が顔認証時に自分の顔の見栄えが悪いと答えており、これが女性に受けない理由と考えられているようです。

このため、Alipayは決済端末に美顔フィルタの導入を決め、1週間以内に各店舗のシステムに展開するとしています。こういったことも、女性を意識したUXの改善といえるのでしょう。ただ、男性にも無条件に適用されてしまうのかは、気になるところです。

中国ではセルフィーで「どれだけ盛れるか」が重要視される傾向もあり、普段からその写真を見慣れていると、素の顔に違和感を持つのかもしれません。