MBP
Image:Steven Gagne


アップルは6月20日、MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015/2015年9月〜2017年2月販売分)搭載のバッテリーが過熱して安全面のリスクをもたらす恐れがあるとして、該当するユニットの自主回収および交換プログラムを発表しました

では、こうしたバッテリーを搭載した個体を使っていると、具体的にどういったリスクがあるのか。実際に焼失したMacBook Pro(2015)の所有者が、その危険が現実的であると分かる画像を何点か公開しています。デザイナーのSteven Gagne氏は自らのFacebookに、黒く焼け焦げたMacBook Pro(2015)の写真をシェアしました。Gagne氏によると、寝ているときにMacBook Proのバッテリーが爆発し、小さな炎が上がって、家の中には煙が充満したとのこと。強い化学反応の臭いがしたと述べています。

MBP

なお発煙が起こった際のMacBook Proはスリープモードだったとのこと。炭化した箇所もあり、底面から向こう側が見える穴が空いているあたりが、爆発力と火力の強さを物語っているようです。Gagne氏が触れているときでなかったのは、まさに不幸中の幸いと呼べるところです。

MBP

自主回収および交換プログラムの対象となるユニットの確認方法は、Macが稼働している状態で、画面の左上にあるアップルメニュー()から「このMacについて」を選択。そこで表示されたダイアログに「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」の表記があれば、次にシリアル番号をこちらのリンク先ページにて入力。するとバッテリー交換の対象かどうかを確認できます。

昨今MacBook Proの不具合といえばバタフライタイプのキーボード関連が目立ちますが、文字入力のみに影響するキーボードの不具合と違い、バッテリーの加熱は火災など広い被害を招いたり、人命にも影響のある事故にも繋がりかねません。
上記の手順でご自分のユニットがプログラムの対象になっていないか早急に確認し、該当する場合は所定の手続きを取ることをお勧めします。