Google Photo
GoogleフォトのプロダクトリーダーDavid Lieb氏が7月3日、突然、Twitter上でGoogleフォトに関する機能提案やバグ修正などはないかと、ユーザーにフィードバックを求めました。会議がなく数時間フリーになったので、半ば思い付きで実施したようです。
しかし、このユーザーとの対話の中で、予定されている新機能がいくつか明らかになりました。

その一つが、手動での人物のタグ付けです。Googleフォトにはもともと強力な顔認識機能が備わっていますが、人物と認識されないとタグ付けはできません。しかし今後は、人物として認識されていなくてもタグ付けが可能になるとのこと。

また、ペットの写真をアップロードした際、パートナーに自動で共有されるような仕組みも考えられています。

ほかにも、これまでモバイルアプリでは利用できなかった、最近追加した写真の検索が可能に。また、WEBやiOSではすでに利用できるタイムスタンプの編集がAndroidでも可能になるとのことです。

ただ、これらの機能は追加・開発を確約したわけではありません。少なくとも手動タグ付けはすでにロードマップ上にあるとのことですが、いつリリースされるのかは不明です。

とはいえ、ユーザーの声を直接どけられるこういった機会はありがたいもの。今後も定期的な開催を期待したいところです。