Deff、アラミド繊維を使ったXperia 1向け高耐久ケース「DURO」を7月下旬に発売

鋼鉄の5倍の強度

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年07月6日, 午後 02:00 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter
Duro

各種スマートフォンのアクセサリを手掛けるDeffが、Xperia 1向けのアラミド繊維(ケブラー)を使用した高耐久ケース「DURO (デューロ) Ultra Slim & Light Case for Xperia 1」を7月下旬に発売します。

同シリーズのケースは、2018年12月にiPhone向けモデルを発売済み。今回はそのXperia 1用となります。


一見すると、よくあるカーボン調ケースですが、素材には超強度、超耐性で知られるアラミド繊維(デュポン社のケブラー)が使われています。

同じ重さの鋼鉄と比較し5倍の強度を持ち、同一強度なら鋼鉄の1/7、FRPなどのガラス繊維の1/2と非常に軽量。さらに非磁性、耐衝撃、振動減衰効果なども備えます。その特性から、防弾チョッキにも使われるほか、宇宙船や飛行機、船、自動車など幅広く採用されている素材です。

その反面、加工には特殊な装置や技法が必要であり、製造難易度は高めです。しかし、Deffはアラミド繊維の扱いに長けたパートナーと協力し、アラミド繊維の特性を活かしたケース「DURO」シリーズの製品化に成功したとのこと。

DURO Ultra Slim & Light Case for Xperia 1は、外周すべてを保護する精密成型と、スピーカーホール周りのくりぬく微細加工を実施。Xperia 1のサイドセンスにも対応したカットラインも実現しています。

DURO

また、縦に長いXperia 1を持ちやすいよう、背面にはストラップの取り付けも可能になっています。

DURO

価格はオープンですが、直販サイトでの価格は5500円(税別)。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: case, deff, duro, gadgetry, smartphone, xperia, xperia1
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents