サムスン、Galaxy Tab A 8.0 (2019)を発表 ネットサービスの使用権が付属

お得な特典、あります

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年07月8日, 午後 04:10 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Galaxy Tab A (8.0) 2019

韓国サムスンは、新型タブレット「Galaxy Tab A (8.0) 2019」を発表しました。

Galaxy Tab A (8.0) 2019は、8インチ/1280 × 800ドット/アス比16 : 10のTFT液晶ディスプレイを搭載。詳細は明かされていませんが、2.0GHzのクアッドコアプロセッサ(おそらくSnapdragon 429)を採用しています。RAM容量は2GBで内蔵ストレージは32GB、背面カメラは800万画素で前面カメラは200万画素となっています。

OSにはAndroid 9 Pieを採用。バッテリー容量は5100mAhで、デュアルスピーカーを搭載しています。メタルデザインの本体の厚さは8mmで、重量は345g。さらに「Kids Home」モードを利用すれば、子供向けのインターフェイスに切り替わります。

興味深いことに、製品には2ヶ月のYouTube Premium、そして3ヶ月のSpotify Premiumの使用権が付属します。現時点ではGalaxy Tab A (8.0) 2019の発売時期や価格は明かされていませんが、後にLTE対応モデルも投入予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, mobile, Samsung
0シェア
FacebookTwitter