XI
Slashleaks
アップルは今年9月に3タイプの新型iPhoneを発表すると噂されていますが、その1つのものと思しきロジックボードの画像が公開されています。本画像は、おなじみのリークサイトSlashleaksに中国から投稿されたもの。どの部位かは言及されず、サイズも記載がないため、どの機種のものかは不明です。

ただし、ロジックボードが長方形というのが唯一の手がかり。iPhone XSとiPhone XS MaxのそれはL字型のため、iPhone XRの後継機と推測されます。

またボードの裏面には"1019"、すなわち2019年の10週目を意味する数字があり、おそらく3月上旬に製造されたことが窺えます。
XI
画像からはどういった部品が使用されているかも判別できません。が、米アップル関連情報サイトAppleInsiderは、もし新モデルで採用されたAシリーズチップもiPhone XRのA12 Bionicと同じ物理サイズであるとすれば、ロジックボードは縦長になって広くなっていると推測。そこから、より大容量のバッテリーや増設されたカメラを配置する余地を作るためにボードを再デザインしたのではないかと述べています。

もっとも、この写真がiPhone2019年モデルのものと判断できる確証は何一つなく、さらなる追加情報を待つ必要があるでしょう。

iPhone2019年モデルの予測としては、まずiPhone XS/XS Maxといったハイエンド機種については背面トリプルカメラ、iPhone XR後継機についてはデュアルカメラ。ほかAirPodsなどに給電できる双方向ワイヤレス充電(それに伴いバッテリーも大容量化)などが報じられています。

今年9月に正式発表があるとして、残り約2ヶ月。リーク情報が届けられるスピードも、より加速しそうです。