Dropbox、ファイル転送機能Dropbox Transfer発表。最大100GBのファイルを送信可能

ギガファイル便的なサービス

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年07月10日, 午後 12:30 in internet
0シェア
FacebookTwitter
Dropbox transfer
Dropboxがファイル転送機能Dropbox Transferを発表しました。現在、プライベートベータでの提供が開始されています。

Dropboxにはこれまでもファイルやフォルダを共有する機能がありましたが、Dropbox上のファイル・フォルダを共有しているので、共有後に変更をかければ、その内容が反映されます。また、ファイルを削除すると、当然、共有相手もアクセスできなくなります。

これに対し、Dropbox Transferは、共有ではなくファイルのコピーを送信します。このため、送信後にファイルを変更したり、削除しても影響はありません。現在もサービス停止中の宅ふぁいる便や、ギガファイル便などのファイル転送サービスとほぼ同じイメージで使えるものです。

1回に送れるファイルは100GBまでと大容量。Dropbox上のファイルのほか、PC上からアップロードも可能です。なお、相手はDropboxのアカウントがなくても利用できます。ちなみに、送信されるのはファイルへのリンクで、100GBのファイルがそのまま相手に送られるわけではありません。

転送ファイルにはパスワードを追加できるほか、ダウンロードの有効期限も指定でき、ダウンロードされたかの確認なども行えます。

Dropbox transfer

このほか、ダウンロードページの背景や、ロゴなどの設定も可能になるとのこと。会社のロゴを表示しておけば、ビジネスシーンでも違和感なく利用できそうです。

転送ファイルの容量がDropboxの容量を消費するのかなど、まだ詳細がわからない部分もありますが、ベータサービスの待機リストに申し込めば、近いうちに利用可能になるとのことです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dropbox, dropbox transfer, file sending, file sharing, gear, internet, personal computing, personalcomputing
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents