MacBook Proエントリーモデル、第8世代Core i5採用で値下げ。Touch Bar/Touch ID/True Toneにも対応

全モデルTouch Bar搭載に

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年07月9日, 午後 10:15 in apple
0シェア
FacebookTwitter
Macbook ProAppleが、13インチMacBook Proのエントリーモデルのリニューアルを発表しました。

これまでのTouch Barなしエントリーモデルは、第7世代 Core i5プロセッサを搭載していましたが、新モデルは第8世代Core i5(1.4GHzクアッドコア Turbo Boost時3.9GHz)にアップデート。GPUは、Intel Iris Plus Graphics 645。RAMとストレージは従来通り、8GB LPDDR3と128GB/256GB。

また、Touch Bar、Touch IDも搭載し、Macbook Proは全モデルでTouch Bar搭載となりました。ディスプレイも環境光にあわせて、より自然な白を表示できるTrue Toneに対応しています。

仕様はアップしましたが、価格は引き下げられ、ストレージ128GBモデルは13万9800円(税別)、256GBモデルは15万9800円(税別)。128GBモデルは、学生教員なら12万9800円(税別)となります。

オンラインアップルストアでは、7月11日以降のお届けとなっています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, macbookpro
0シェア
FacebookTwitter