Netflixマーベル作品の小道具がオークションに。デアデビルコスチュームは予想3~5万ドル

参加募集中

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年07月10日, 午後 12:10 in Services
0シェア
FacebookTwitter
Marvel Television/Prop Store
2013年からはじまったNetflixにおけるマーベルコミック原作のオリジナルドラマは、今年になってすべての番組を終了しました。Netflixオリジナルドラマでありつつ、これらのシリーズの権利はマーベル側にあり、マーベルはディズニーのストリーミングサービスDisney+にこれらの作品を引き上げる方針だとされます。

ただ、Netflix製作のマーベル作品を愛する人なら、その一部を記念に手に入れることはできるかもしれません。マーベルは映像作品の小道具を取り扱うProp Storeで、Netflix版デアデビル、ルーク・ケイジ、アイアン・フィストのプロップ(小道具)のオークションを開催します。オークションの期間は8月12日から13日にかけで、現在は入札への参加申し込みが受け付けられている模様。出品されている品も多くは番組の中のどこで使われたのかがわかるようなものばかりで、たとえばデアデビルのスーツいろいろであったり、ルーク・ケイジの弾丸の穴あきパーカー、アイアン・フィストのマスクなどなど。特に主役キャラのコスチュームは豊富に揃っており、ファンならば一見の価値はありそうです。

商品の多くは撮影で使われたこともあり、いくらか損耗があります。しかしそれは撮影の小道具であることを示し、マーチャンダイズとは違うことを証明するものでもあります。

そして予想される価格は人気キャラクターの関連品、たとえば初代デアデビルのコスチュームであれば3万~5万ドルあたりになるのではないかとのこと。他のものも4~5桁ドルになると推定されます。世界にコアなファンを大勢かかえるマーベルだけに、そのプロップであれど入手するには大きな財布を持っている必要がありそうです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: auction, daredevil, entertainment, internet, iron fist, luke cage, memorabilia, netflix, props, Services, streaming
0シェア
FacebookTwitter