7月12日のできごとは「Eee PC 901-X 発売」「バテリオ 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年07月12日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

7月12日のおもなできごと

2008年、ASUSがネットブック「Eee PC 901-X」を発売
2013年、PFUがドキュメントスキャナー「ScanSnap SV600」を発売
2013年、キングジムが「バテリオ」を発売
2018年、マイクロソフトが「Micorsoft Whiteboard」を正式リリースtoday

2008年:スペックアップで実用性が高まったネットブック第2弾「Eee PC 901-X」

today
ASUSのネットブック第1弾となる「Eee PC 4G-X」は、Celeron M 353、512MB メモリー、4GB SSD、7インチ液晶(800×480ドット)といったスペックでしたが、この「Eee PC 901-X」では大きく強化され、Atom N270、1GB メモリー、12GB SSD、8.9インチ液晶(1024×600ドット)と、実用的なものとなりました。

メモリーが1GBになったこと、そしてストレージが12GBと拡張されたことからXPの動作に余裕が生まれ、また、解像度の向上から使い勝手が劇的に改善されました。「Windows XPが動くPC」から、「Windows XPが使えるPC」に変化したといっても過言ではないでしょう。

実際このEee PC 901-Xは人気モデルとなり、メモリーの2GB化やSSDの増量、さらに濃い人ならUSBポートの増設といった改造まで流行しました。この頃のネットブックはまだ出始めということもあり、低価格PCを求める人というよりは、新しいものをいじって遊びたい人のおもちゃ、という印象が強かったです。実際、いじくりまくった記憶のある人も多いでしょう。

2013年:モバイルバッテリーを内蔵したノートカバー「バテリオ」

today

ユニークなデバイスを数多く製造・販売するキングジムから、ノートカバーにバッテリーを内蔵したという製品が登場しました。それが「バテリオ」。

A5サイズのノートを収められるカバーでありながら2400mAhのバッテリーを内蔵し、手書きのメモとスマートフォンへの充電が両立できるという製品です。ノートとバッテリーは直接的には関係ありませんが、カバンに入れておくアイテムの上位にある、という共通点があります。これが一体化されていれば(重量や体積はともかく)、1つモノを減らすことができるわけです。

手書きのメモをスマートフォンで簡単にデジタル化できる同社の「ショットノート」が付属していたり、ペンやケーブルを収納できるポケットがあったり、充電ケーブル・Micro USBケーブル・給電ケーブルが内蔵されていたりと、購入後すぐに使える状態になっているのは実用的だといえるでしょう。

電池の容量が少なかったことや、33mmと意外に分厚い本体だというのはともかく、なかなか面白いアイディア商品でした。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: asus, baterio, eee pc 901, KingJim, today
0シェア
FacebookTwitter