Android Q ベータ5公開。ジェスチャー操作を調整

イースターエッグはまだPでした

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年07月12日, 午後 12:20 in android
0シェア
FacebookTwitter
Android Q beta 5
Googleは7月10日(現地時間)、Androidの次期バージョンとなるAndroid Q(Android 10)のベータ5を公開しました。

さすがにベータ5までくると目立った変更点はないのですが、フルジェスチャーナビゲーションでのGoogleアシスタントの起動方法が改善されています。

ベータ3から導入されたフルジェスチャーナビゲーションは、戻るボタンも廃止されたiPhone Xシリーズの操作に似たナビゲーションです。


AndroidでGoogleアシスタントの起動といえば、ホームボタンの長押しが定番でしたが、フルジェスチャーナビゲーションではそもそもホームボタンという概念がなくなってしまったので、同じ方法が使えません。このため、Googleアシスタントの起動方法が、左右下側コーナーからのスワイプという操作に変更されていました。

ベータ5ではより分かりやすく、ロック解除直後などに下隅にバーが表示されるようになっています。

Android Q beta 5

また、左端からメニュー(ナビゲーションドロワー)を表示するアプリの場合、左右のエッジからのスワイプが「戻る」動作になったため、動作が妨げられていました。この部分も調整され、メニューを掴んだことがわかるピーク動作が追加されています。

なお、このフルジェスチャーナビゲーションですが、カスタムランチャーと使用する場合に、安定性の問題が残っているようです。このため、ベータ6以降、デフォルトでカスタムランチャーを利用している場合には、従来の3つボタンナビゲーションに切り替えられるようです。すべてのランチャーでフルジェスチャーナビゲーションを利用するには、しばらく待つ必要があるかもしれません。

Android Qは、この後、最終ベータとなるベータ6を経て、第3四半期(例年通りなら8月)に正式公開される予定です。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android q, beta, gear, google, mobile
0シェア
FacebookTwitter