あおぞら銀、お金が貯まるVisaデビット提供。決済額の一定割合を貯金

「スマホ銀行」に参入

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年07月16日, 午前 11:48 in business
0シェア

engadget
あおそら銀行は、スマホに特化した個人向けマネーサービス「BANK」の提供を本日(7月16日)開始しました。

書類のやり取り不要、スマートフォン上の操作だけで印鑑レスの口座開設が可能。預貯金は全国のゆうちょ銀行ATMで手数料無料で引き出せます。 普通預金の金利は業界首位となる年0.20%(税引き後0.159%)です。

engadget▲印鑑・書類レス、スマホ上の操作で口座開設が可能

また、タッチ決済対応のVisaデビットカード「Bank The Debit」を発行します。同カードの特徴は、買い物額の一定割合を自動的に預金に積み立てる「Bank The Saving」です。目標金額や積立ルールはアプリから設定でき、『ついついお金を使ってしまってお金が貯まらない』というユーザーが、貯金を意識せずにお金を貯められるとアピールします。

同カードは国内外のVisa加盟店で利用でき、還元率は半年間の利用が60万円を超える場合1%となります。政府が消費増税時に予定するキャッシュレスポイント還元の対象でもあります。

加えて、同カードをキャッシュカードとして、ゆうちょ銀行ATMから預金を引き出すことも可能。なお、「スマホ銀行」をうたいつつも、スマホだけで預貯金を引き出せるキャッシュカードレス化には非対応です。

engadget▲Apple Payなどスマホに取り込んでの利用はできない

同社は昨年7月にGMOインターネットグループと提携し、GMOあおぞらネット銀行を展開するなどネットサービスに注力。現状の顧客は「シニア層が多い」といい、デジタル化で若年層の取り込みを図る考えです。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: business, fintech, payment
0シェア

Sponsored Contents