メールに不慣れ?ならばBccに自分を追加しちゃえばいいんです!:iPhone Tips

かくいう筆者も苦手……

山崎理香子(TEKIKAKU)
山崎理香子(TEKIKAKU)
2019年07月20日, 午前 07:10 in iphone tips
0シェア
FacebookTwitter
iPhoneフィーチャーフォン時代はよく使われていたメール。でも、スマホが主流となった今では使われなくなりつつあります。「LINEやSNSでのやり取りは簡単にできるけど、メールを送るのは苦手......」という人は意外と多いのではないでしょうか?

ですが、ビジネスの現場ではまだ使われることが多く、仕事に慣れたとは言い切れない新社会人にとってはちょっとしたストレスに。送信前に何度も見直していても、送信した後になって「あれ、今のメールちゃんと送れたかな......」と不安になってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、常に自分をBccに追加し、メールが正しく送れているかを自動で確認できる設定に変更しましょう。とても簡単なので、ぜひ試してみてください。

自分をBccに追加する

Bccとは、ブラインドカーボンコピーの略のことで、複数人に向けてメールを送りたいときに使用します。Ccとの大きな違いは、Bccに指定されたアドレスはToやCcのアドレスからは見えないという点。つまり、Bccに自分のアドレスを追加しても取引先や上司にはわからないのです。

というわけでやり方です。まずは「メール」の設定を変更します。「設定」から「メール」開きましょう。次に「作成」の欄から「常にBccに自分を追加」をオンに。これで設定は完了です。

iPhone
▲「設定」から「メール」を開きます(左)。画面下の「常にBccに自分を追加」をオンに(右)

この状態でメールを送信しようとすると、自分のアドレスが自動的にBccに追加されるようになります。

iPhone
▲常に自分のアドレスがBccに追加されるようになりました(左)。後から自分が送信したメールを確認できます(右)

iPhone
▲ToのアドレスからはBccに誰が追加されているかわかりません

「常にBccに自分を追加」を設定オフにする

この設定を解除したいときは、「設定」から「メール」を開いて「常にBccに自分を追加」をオフにするだけ。

iPhone
▲「メール」を開きます(左)。「常にBccに自分を追加」をオフにします(右)

これでBccから自分の名前が除外されました。

この機能を使えば、メール送信後にミスを見つけても素早く対応できます。もちろん送信前にしっかり見直しをすることが一番大切ですが、メールに慣れない人はお守りがわりに使ってみてはいかがでしょうか?

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Bcc, iPhone, iphone tips, mail, Tips
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents