Google Fast Pair
Googleが2017年に発表した、AndroidとBluetooth機器を簡単にペアリングできるようになるFast Pair機能。あまり普及しているとは言い難いものがありますが、それでもさらに使いやすいものになるよう、新たな機能を発表しました。

AppleのAirPodsは、ケースを開いてiPhoneに近づけるだけiPhone側が検出し、ペアリングを行いますが、Fast PairはBluetooth LEのみで、これに近い使い勝手を実現するものです。


そのFast Pairに追加される新機能としては、まず充電ケースバッテリー残量の表示に対応します。ペアリングしているスマートフォンの近くでケースを開くと、左右ユニットとは別に充電ケースのバッテリー残量が表示されます。

また、イヤホンを紛失した際、最後に使っていた場所と時間を「端末を探す(Find My Device)」アプリとWEBから確認できるようになります。近くにあれば、音を鳴らすことも可能です。

上記はいずれもAirPodsでは対応している機能です。やはり使い勝手としてAirPods(W1/H1チップ搭載機器)を強く意識しているようです。

なお、Android Qでは、Fast Pair対応機器向けの詳細ページも用意されます。バッテリー残量の確認や、端末を探すのメニューが組み込まれるほか、各デバイスのコンパニオンアプリのリンクも表示されます。

Google Fast Pair


そんなFast Pair、冒頭に書いた通り、あまり普及が進んでおらず対応機種も限られているのが現状です。Googleによれば、同社のPixel Budsのほか、Libratone、Anker、JBL、Jaybird、LG、Cleerなどの製品が対応しています。ただ、Libratone Q Adapt Wireless On-Earは、日本で販売しているものはFast Pair未対応とのこと。

各製品仕様を見てもFast Pairに対応しているのかどうか、記載がないものがほとんどです。新機能も歓迎ですが、この辺りの表記の徹底や認知度アップも図ってもらえると、製品選びの助けとなるので期待したいところです。