集中力がモノを!擦ってもアウトなシミュレーター「駐車の達人4」:発掘!スマホゲーム

車はオートマ

龍田優貴(Yuuki Tatsuta)
0シェア
FacebookTwitter
drparking4
【連載:発掘!スマホゲーム】
星の数ほどあるスマホゲームの中から、話題になっているもの、気になったもの、何か面白そう、そんなタイトルをひたすらご紹介していきます! 今回ご紹介するのは「駐車の達人4」です。

発掘!スマホゲーム連載一覧


「駐車の達人4」は、駐車場内の指定エリアに車を止めるシミュレーター。車が主役のゲームにしては珍しく、実際のパーキングエリアで駐車するかのようなリアルさが特徴です。

drparking4

各ステージ(駐車場)には黄色い枠線で囲まれた指定エリアが存在します。まずは画面端のアクセルペダルをタップして車を発進させましょう。他の車やブロックにぶつかりそうになったら、ハンドルを左右にきってすかさず回避。一度でもぶつかると即ゲームオーバーになるシビアなシステムですが、「絶対にミスしてはいけない」という雰囲気がより臨場感を高めてくれます。

drparking4

drparking4

「駐車の達人4」アプリダウンロードはこちらから
 


drparking4

画面上のシフトレバーは車の操作系統を切り替える重要なギミック。デフォルトは「D」となっていますが、後ろに下がらないといけない時は「R」に変更することでバックできます。エリア内に車体が収まった場合も、きちんとシフトレバーを「P」に入れてその場に車を停めましょう。駐車に成功すると、クリアまでにかかった時間に基づいて勲章がもらえます。

drparking4

ちなみに画面左の視点切り替えアイコンをタップすれば、より実際の運転に近い一人称モードでプレイできます。このモードは上空から周囲を確認できない代わりに、バックミラーとサイドミラーを頼りに車を操作しなければいけません。必然的に難度が急上昇するため、その模様はさながら"地獄の車庫入れ"状態に。とはいえスリリングなゲームプレイを楽しみたいならこちらがおすすめです。

drparking4

黙々とステージクリアを目指すシングルプレイに加え、多人数で駐車成功までの時間を競うオンラインプレイにも対応する「駐車の達人4」。さらに新車の購入やチューンナップを含めれば結構なボリュームのやりこみ要素が用意されているのもポイントです。集中力と繊細なテクニックがモノを言う作品ですが、普段から車を乗り回す方やそうでない方も遊んでみてはいかがでしょうか。



drparking4

「駐車の達人4」アプリダウンロードはこちらから
 


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, app, apps, 発掘スマホゲーム, excavationgame, game, games, ios, smartphone, smartphone game
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents