iPhoneいろいろな機能がついてるiPhoneの標準「カレンダー」アプリ。その日の予定だけでなく、天気予報や乗換案内を一緒に表示できるなど、個人のライフスタイルに合わせてカスタマイズできるのはとても便利です。

さてこの「カレンダー」アプリですが、デフォルト状態のまま使用すると、週の始まりが日曜日になっています。これは日本のカレンダーの主流に合わせたものであり、欧州だと月曜スタートが一般的なのだとか。

iPhone
▲デフォルト状態のカレンダー。日曜スタートになっています

日曜スタートのカレンダーは馴染み深いものですが、見にくいと感じる人もいますよね。そんなときは、始まる曜日を変更しちゃいましょう。

今回は、カレンダーを月曜スタートにする方法をご紹介します。設定・解除ともにとても簡単なので、ぜひ試してみてください。

「週の開始曜日」を変更する

カレンダーを月曜スタートにするには、まず「設定」を開いて画面をスクロール。「カレンダー」をタップします。次に、カレンダーの設定画面で「週の開始曜日」をタップ。

iPhone
▲「設定」から「カレンダー」を開きます(左)。「週の開始曜日」をタップ(右)

「週の開始曜日」画面に切り替わったら、「月曜日」をタップします。これで準備は完了。カレンダーを開くと、月曜スタートに変わっています。

iPhone
▲「週の開始曜日」画面で「月曜日」をタップ(左)。カレンダーが月曜スタートになりました(右)

ちなみに月曜日以外でも設定が可能です。自分のライフスタイルに合わせた開始曜日を選びましょう。

iPhone
▲火曜スタートのカレンダー(左)。木曜スタートのカレンダー(右)

この設定、月曜日から仕事が始まる人や、土日に予定がまたがることが多い人におすすめです。自分のライフスタイルに合わせて週の開始曜日を変え、カレンダーをもっと使いやすくて便利なものにしてください。